ウィークスが考える暮らしの豊かさ

days of weeks | archive no.002

海辺の豊かな暮らし方を考える。
bbb haus

私たちウィークスは2018年に創業30周年を迎えました。その集大成として、福岡県糸島市に海が見えるゲストハウス「bbb haus」をオープンしました。このプロジェクトを始めるにあたって考えたのは、この場所ならではの「豊かな暮らし方」です。

days of weeks|海辺の豊かな暮らし方を考える。/bbb hausimage

days of weeks|海辺の豊かな暮らし方を考える。/bbb hausimage

days of weeks|海辺の豊かな暮らし方を考える。/bbb hausimage

私たちは、たくさんの生活雑貨や家具の取り扱いをしています。
その上であえて申し上げますが、豊かさとはものを多く持つことではないと考えています。
ものを通して得られる時間、作り手の思い、使うことで生まれる空間や会話などにこそ価値があると考えています。
bbb hausが建つ糸島には四季に応じた表情を見せる木々や海、水平線に沈む夕陽、そして美味しい食材があります。
山と海と太陽の恵みと地域の生産者の方々によって作り出された、糸島ならではの貴重な財産です。
1970年代に企業の保養所として建てられた建物をこの地に息づいていた自然と溶け込むように改装しました。

days of weeks|海辺の豊かな暮らし方を考える。/bbb hausimage

days of weeks|海辺の豊かな暮らし方を考える。/bbb hausimage

days of weeks|海辺の豊かな暮らし方を考える。/bbb hausimage

days of weeks|海辺の豊かな暮らし方を考える。/bbb hausimage

この風景と建物を大切にするため、不要なものは足さないようにしました。
日常生活で溢れる情報や行き過ぎたサービスと調和をとるように、ここには華美なものや過度なおもてなしはありません。
この海辺のゲストハウスで過ごす人たちが毎日の暮らしで忘れていたたくさんのこと──
見上げる太陽の眩しさ、木々の香り、夕陽の色、夜の海の静けさ、風の歌──を感じることができます。

days of weeks|海辺の豊かな暮らし方を考える。/bbb hausimage

days of weeks|海辺の豊かな暮らし方を考える。/bbb hausimage

days of weeks|海辺の豊かな暮らし方を考える。/bbb hausimage

ロゴデザインはサン・アドの葛西薫さんにお願いしました。bbb hausのすぐ近くにある芥屋の大門がロゴマークのモチーフです。この地に息づいた自然をそのままに感じることができる場所にしたいという思いを形にしていただきました。私たちは糸島の一員として、地域のマーケットへの参加や海辺の清掃活動を続けていきながら、自然や建物と同様に私たちもこの地で息づいていきたいと考えています。

days of weeks|海辺の豊かな暮らし方を考える。/bbb hausimage

days of weeks|海辺の豊かな暮らし方を考える。/bbb hausimage

days of weeks|海辺の豊かな暮らし方を考える。/bbb hausimage

スリービーハウス bbb haus

福岡県糸島市志摩小金丸1897 tel.092-327-8020

2018年にオープンした全5室の海辺のゲストハウス。1室2名様〜 ¥20,000円(税別/大人1名様分の料金です/夕食・朝食付き)
福岡市内から約40分。糸島までショートトリップにいらっしゃいませんか。
http://www.bbbhaus.com/

posted2019/01/20